若年性アルツハイマーの初期症状・中期症状・末期症状とは?

アルツハイマーはお年寄りに起こりやすいと思われていますが、中には若年性アルツハイマー型認知症という若い年代にも起こってしまう症状があります。 発症している人の多くが40代後半から60代前半に見られる 一般的には65歳以下に起こる場合のことを指し、発症している人の多くが40代後半から60代前半に見られています。 若ければ10代から発症する場合もあります。男性に比べると女性の

続きを読む

知っておきたい若年性アルツハイマーになる3つの原因

若年性アルツハイマーになる原因は、残念ながら突き詰めていくとまだまだ分かっていないことのほうが多いと言わざるを得ません。 最初からこのように書いてしまっては気力が失われてしまうかもしれませんが、これは言い換えれば脳の働きとかその仕組みなどについては21世紀の医学を持ってしても分かっていないことだらけということであり、それだけ脳というのは複雑で高度な器官だということでもあります。

続きを読む

【2018年】5分でわかる!若年性アルツハイマーって一体どんな病気なんですか?

認知症は高齢者だけでなく、若年層でも発症を見ることがあります。特に65歳未満の年代の年齢に生じるものを若年性認知症として認識されているのです。 脳血管型認知症とアルツハイマー型認知症 一口の認知症といっても、発症機序の違いにより幾つかのタイプがあることが知られています。なかでも患者数が多いのは、脳血管型認知症とアルツハイマー型認知症の2つです。 前者は脳梗塞や脳出血を発症後の

続きを読む